FC2ブログ

La fin du jour...フォト*ある暮らし

写真で綴る主婦の日記

His last will

TBSドラマ 「この世界の片隅に」 を見ています。

劇場版は去年 映画館 で観ました。(^^;

戦争ものは悲しいですよね。


映画 「男たちの大和」 の中で印象的なセリフがありました。

水上特攻を目前に、若い水兵が問います。

“祖国のために死ぬなんて犬死ではないか?”

“意味なく死ぬことで日本が救われるというのか?”


そこで長嶋一茂さん演じる臼淵磐大尉が諭します。

“敗れて目覚める。それ以外に日本が救われる方法はない”

“日本が生まれ変わる為に、先駆けとして散る、

まさに本望ではないか”


そんな理不尽な~!


私も母方の伯父を何人か戦争で亡くしています。

だから 国のために亡くなった人たちを追悼したいと思うのですよ。

“右” とか “左” とか関係なくね。。


私が勝手に思う、日本人として訪れておきたい場所…

・東京 靖国神社、遊就館

・沖縄 ひめゆりの塔

・広島 原爆ドーム、原爆資料館(できれば大和ミュージアムも)

・長崎 平和公園

・鹿児島 知覧特攻平和会館


遊就館の中には、若者の遺書を展示している部屋があって

胸が締め付けられる思いでした。

「お母さんお母さんお母さんお母さんお母さん・・・・」

はがき一面にお母さん、とだけ綴られた遺書を見て、

私は、堪えていた涙がドバーっとあふれてしまいました。(^^;


知覧だけはまだ、行ったことが無いんです。

いつか必ず訪れたいと思います。

R0011441will.jpg

今日は堅苦しい内容でしたね。。




ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018/08/11 08:29 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)