FC2ブログ

フォト*ある暮らし

写真で綴る主婦の日記

母の不安症

火の元の心配がない。

台風が来ても屋根が飛ばない。

悪徳商法に引っかかることもない。

枕元、お風呂・トイレにも緊急ボタンが付いているし、

自宅にいるよりは、よっぽど安心。

母はさぞかし喜んでいるか、と思いきやそうでもない。

ますます不安症がひどくなっています。


「お父さんが転ぶんじゃないか」

「お父さんがお風呂で倒れるんじゃないか」

「全額実費でもいいから、お父さんのお風呂はヘルパーさんに頼んで」

「紫陽花ちゃんが介助してあげて」

いやいや、父は充分ひとりで大丈夫なのですよ。


でも母にとって、『お風呂=死』

その思いに憑りつかれてしまって、どうしようもないのです。


「人間はいつか死ぬ、200年も300年も生きられないの、

88才のお父さんがお風呂で倒れたらそれが寿命!」と、

荒療治に出てみましたが、逆効果だったかな。(笑)


また、「ニベアが無くなってしまうかもしれない」という不安。

安心するように枕元に4本並べてあります。


そして今度は、「車で来られると心配だから電車にして」と言い出した。


「お父さんと一緒で心強い」と言うわりには、

いつも悲観的で何かに怯えている。

相変わらず、私が帰るときは心細くなり涙ぐむ。


たとえ母の望むことをすべて叶えてあげても、

母は"不安"から逃れられないでしょう。

IMG_2923.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/04/19 18:00 ] 母のこと | TB(-) | CM(-)