FC2ブログ

フォト*ある暮らし

写真で綴る主婦の日記
月別アーカイブ  [ 2017年10月 ] 

相容れない食の好み

私が面会に行くと、義母は必ず「ご飯食べてきた?」と聞きます。

私だけではく、ナースにも嚥下指導の先生にも、リハビリ療法士にも、

必ず、「お昼食べたん?さき食べといでぇ」 と言います。


田舎の貧しい大家族の長女に生まれて、結婚して子供を3人育てて

いつも 食事のことを気にしていたのか、

習性として身についてしまったんですね。


義母の料理はダイナミックでした。

需要より供給の方がはるかに多いんです。

たくさん作って大量に残すのが義母のポリシー。

お腹いっぱいに食べさせたい。

足りない、ひもじい思いをさせたくない。

そんな思いがあったんだと思います。

おかげで冷蔵庫は残り物でいっぱいでした。


一方、私の母は残すのが大嫌い。

冷蔵庫はいつも、引っ越しの前日のような状態でした。

食事もちょっとしか作りません。

大盛りにすると、食の細い家族が食べてくれないので

個々にお皿に分けて強制的に食べさせます。

そういう家庭でした。


ですから主人の両親は、ちまちました私の料理を嫌がってましたね。

「今度は豪快な鍋料理にして」 と言われたこともありました。(笑)


多くの人が結婚して初めて受けるカルチャーショックって、

食生活ではないでしょうか。

私は義母の料理が苦手だったけど、(ゴメンネ)

なんとな~く今になって、懐かしい感じもするんですよね。。

IMG_0927-1.jpg


[ 2017/10/15 23:46 ] 夫の家族のこと | TB(-) | CM(-)