FC2ブログ

La fin du jour...フォト*ある暮らし

写真で綴る主婦の日記 since June 2016

親の代理で困ること

父の希望で、実家の管理は警備会社に依頼しています。

誰も住まない家なんだから、とっとと売ればいいのに。

税金や管理費用で年間どれだけかかってるか…。


その管理費用はクレジットカードで支払っていて

毎月 利用明細書が空き家に届くんです。

私の住所に変更してもらうべく電話したら、なかなか繋がらない。

やっと繋がって事情を話すと、

“ご本人様は今お電話に出られますか?” と言う。


またか…。

施設に入っている…と言って許してもらえるほど

甘くはありません。


本人を電話口に出せ、委任状を書いてくれ、

代理人の身分証明書が必要・・・等々。

携帯電話でもなんでも、親の代わりに何かをしようと思うと

必ず立ちはだかる壁。


“もし意識のない状態ならどうなるんでしょう?”と試しに聞いてみたら

その時はその時で判断する、そうです。

まぁ、個人情報云々があるから仕方ないですけどね。


自分の事は自分で出来るうちに死にたいと、私はつくづく思いますよ。

子供の世話にはならん!と言う人は多いけれど

そんなの不可能じゃないかな。



幼稚園児、耐寒持久走。(カワイイ)

IMG_1942running.jpg

明日で阪神淡路大震災から24年。

この街でも追悼イベントがありました。

何年経ってもこの日が近づくと悲しくなります。





ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2019/01/16 22:12 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)

親の預金管理

父の依頼で、あちこちに少額ずつある預金をまとめる作業をしています。

Y銀行は残高40円。

これでも私が解約しようと思ったら、面倒な手続きが待っている。

なので、放置することにしました。(10年で権利消滅)


親の預金管理のため、エクセルも勉強しました!

IMG_1829excel.jpg

通帳はチェックして、定期的に父に見せています。

なのに、「なんでこんなに少ないんだ?不審な引き落としは無いか?」

なんて言うんですよ。


もう気分悪いわー。

娘が勝手に使ってるとか思ってない?

それ以来、通帳のページが終わるたびに

コビーして見せています。(`o´)


親の費用は、年金だけでは到底足りません。

どんどん減っていく預金。

浪費しないで、ちゃんと蓄えておいて欲しかった…"(-""-)"


年末なので、すべて父に報告しました。

・年間支出明細一覧表

・預金残高一覧表

・通帳のコピー

IMG_1849expense1.jpg

本来私はどんぶり勘定です。

なのに、不正が無い事を 疑心暗鬼な父に納得させるには

ここまでしなきゃいけないんです。





ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018/12/20 07:54 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)

切ない想い

お昼過ぎに両親の施設へ行くと、

14:00から食堂で歌のミニコンサートがあると言う。

両親は先に一階に降り、私はトイレ掃除をして帰ることにしました。


食堂前を通って駐車場に行く途中、母は即座に私を見つけて手を振ります。

曲がった背中を伸ばして、寂しげな表情でずっと私に手を振り続けます。

車に乗り込んで見えなくなるまで。


施設に預ける・・・これが唯一の選択肢なのか。

これで良かったのか?

母はここに来て良かったと言うけど、本当は私と暮らしたいに決まってる。

それができないから、娘として苦しいんです。

IMG_1767maple.jpg

高速道路のSAに認知症の父親を置き去りにしたとして、

46歳の女性が逮捕されました。

「自分が面倒をみるより、保護してもらって施設に入った方がいいと思った」

決してやってはいけない事だけど、一方的に娘さんを責めることは出来ません。

帰り道、どんな思いで車を走らせたのでしょうか。


また、阪神淡路大震災の時、

瓦礫の中からお母さんの 「助けて!」 と言う声が聞こえているのに

火の手が迫っているからひとりで逃げてしまった、と泣く女性が

テレビに映し出されていました。

娘さんは今でも苦しんでいるはず。


二人の女性の立場は全く違うとはいえ

親を “見放す” 心苦しさは大いに理解できます。


親のために何を、どこまですべきなのか。

親が生きている限り、悩み続けると思います。





ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018/11/29 07:06 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)

それぞれの事情

母の話によると、

食堂で同じテーブルのSさん(90代)は、少しずつ認知症が進んでいるようで

こんな季節なのにまだ、8月から同じブラウスを着続けているらしい。

おまけにお風呂に入っていないのか、かなりの匂いが漂っているとか。

スタッフも気づいているはず。

でもSさんはお元気で、身体介護の契約をしていないから

強引にお風呂に入れる、みたいなことは出来ないのかもしれません。


母は言いました。

「私の着ていないセーターをあげようと思うんだけど、どう思う?」

Sさんは着る服が無いわけではないと思う。

余計なことしない方が良くない?


70代の息子さんは、来ている気配が全くありません。

お嫁さんは?お孫さんは?


「施設に入れたら入れっぱなしやわ」

母はそう言いますが、よそのご家庭のことは分からない。

きっと何らかの事情があるんでしょう。


家族がおられるのに…

なんだか切ないですね。

IMG_1703pink.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018/11/21 07:10 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)

ハロパ

ハロウィンって、元々はケルト人の宗教的な儀式だったんですね。

チコちゃん の番組で分かりやすく説明していました。

ワタクシは古い人間なので、日本のハロウィンは断固反対だったのですよ。

でも最近はすっかり根付いてしまい、もう観念した…という感じ。


昨年に引き続き、両親の施設でもハロウィンパーティーがありました。

仮装したスタッフたちが、入居者さんにお菓子を配るという

逆のパターンですが。。


大きな蝶ネクタイと魔女の帽子。

父はこんなキャラじゃないのに、母はココロを病んでいるのに・・・

スタッフさんのおかげでとても楽しかったようです。

200810halloweena.jpg

家にいた時、母はうつ状態で寝たきりでした。

父がこんな笑顔を見せることもなかったなぁ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018/10/28 06:49 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)

きょうびの高齢者(3)

ひと月ほど前、父の従姉・名古屋の Kおばさん (92才)から電話がありました。

“紫陽花ちゃん元気?” という季節の挨拶と、夏にフェリーで鹿児島へ行った話。

まぁ、それはそれは元気なお声!


“幸い私は足が丈夫だもんで、日本中を旅行しようと思っとるんだわ!”

おばさんの凄い所は、自分で計画を立てて、

たったひとりで旅行することなんです。

IMG_1606tgt.jpg
 
そして今日、おばさんからメールが届きました。

「今、城崎温泉にいます。4軒のお風呂に入ってきました」

もう一度言いますが、92歳です。(笑)


来月は北海道旅行がすでに決まっていて、

そして来年のお正月に、最後になる天皇陛下の一般参賀を見に行き、

そのあと、会津若松に行くそうです。


若くして病に倒れる人もいれば、認知症になる人もいる。

Kおばさんみたいな92歳もいる。

一体 何に違いがあるんだろう?


おばさんは細胞レベルでエネルギッシュ。

虚弱で引きこもりの50代主婦とは雲泥の差です。





ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018/10/25 17:59 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)

ない袖は振れない

両親は見栄っ張りの浪費家です。

以前はそれなりに貯蓄もあったのに、

30回以上も夫婦で海外旅行をして、〇千万も使ってしまいました。

母は親戚に 派手な生活の自慢をしていたから、

きっとお金持ちだと思われていたはず。

なのに今は、安っぽい施設暮らし。


父は、人生80年を目安にライフプランを立てていました。

まさかこんなに生きるとは思っていなかったのです。


なのに元々の浪費癖は治りません。

今でも欲しいものは何がなんでも欲しい。

二人とも我慢する、ということを知りません。


私はこんな生き方は嫌だ。


困ったことに父は、不安症の母を安心させるために

実際よりはるかに多い残高を 母に報告しているんですよね。

でも娘としては、何も言えません。

親のお金ですから。


年金が入る月なので、銀行通帳の残高をコピーして父に渡しました。

能天気な父は 「まだ大丈夫」 と思っているでしょう。

二人とも まだまだ生きそうだけど、事の重大さ分かってる?

IMG_1565crossword.jpg

数字好きな父にはナンプレを、母にはクロスワードパズルを買いました。

二人ともハマっています。





ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018/10/24 17:23 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)

電気のありがたみ

台風の翌朝、停電で施設の電話が通じず、父も携帯に出ないので

とりあえず行ってみることにしました。

途中、樹木が倒れていたり、壊れている建物もありました。

多くの信号が止まったままになっており、

幹線道路を横切るときは怖かったです。

警官は大きな交差点にしかいませんでしたから。


施設に着いたら昼食前。

スタッフさんたちは首にタオルを巻いて汗だくで走り回っていました。


スタッフ専用のロック付き階段を上らせてもらい

部屋に入ったら、二人とも私の顔を見てホッとしたようでした。

心細かったんだと思います。


そして、持ってきたスイカを一気に食べました。

ふだん父は、果物なんて食べないのに…

よほど冷たいものに飢えていたのかもしれません。


部屋の温度は、29度 湿度63%。

蒸し暑かった。(>_<)


母は、電動ベッドの背もたれを上げたまま停電になってしまったので

横になることができません。

それを見かねたスタッフさんが、業者を呼んでくれて

夜中に手動で直してもらったそうです。(アリガタイ)


昼間は何とかなっても 夜は漆黒の闇。

懐中電灯2個と電池式のラジオを持ってきて欲しい、という父。

ラジオは私の家にあるので、

帰りに 懐中電灯2個と ラジオ用の単一電池6個を買いました。


そして家に着くや否や、父からメールが。。

“今 電気が復旧しました。みんなで拍手しました。”


え~さっき懐中電灯買ったのに、、2個も・・・


でも、あれだけの被害があって24時間の停電で済んだのなら

不幸中の幸いと言えるでしょう。

関西電力のみなさん、暑い中交通整理をするお巡りさん、

そして、施設のスタッフさん達には心から感謝です。

IMG_1346radio.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018/09/07 17:31 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)

施設が停電

台風が山間部を襲えば、山が崩れ河が氾濫し、

都市部を襲えば、あらゆるものを破壊してしまう。


この世に“楽園”と言える場所はあるのでしょうか。


皆さまの地域に大きな被害はありませんでしたか?

こちらは激しい暴風雨でしたが、

午後2時ごろ台風の目に入った途端、急に風雨が弱まりました。


両親はコンクリートの施設にいるから大丈夫、と思っていたら

夕方スタッフから電話がありました。

「地域一帯が停電しています。

でも ご両親の安否はとれていますので、ご安心ください」 との事…。

相当慌ただしい様子が伺えました。


今朝、父に電話しても 充電が切れたのか、うまく繋がりません。

大好きなテレビも見られない、エアコンも使えないわけですからね。

心配なので このあと様子を見に行ってきます。

母がパニックを起こしていなければいいんだけど・・・(-.-)

神戸港





ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018/09/05 08:00 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)

イライラの理由

せっかく売れた実家の土地を、

契約日の2日前に “やっぱり売りたくない” と父が言い出したこと、

いまだに怒りが収まりません。(いい加減私もしつこい)


なのに父は言います。

“古家をそのままにしておくわけにもいかないから

空き家管理の会社を探して欲しい”


はぁ??

あれだけ私を振り回しておいて、

よくぬけぬけとそんなこと頼めるね?

おまけに、今になって売却キャンセルを後悔しているようで

「もう一度不動産会社と話したい」 とか言い出すではありませんか。

あれだけ迷惑をかけたんだから無理なの!


これは子供の頃からの習性かもしれませんが、

親に腹が立っても、私は感情を外に出せません。

敏感な母が私の顔色を即座に読み取り、

また心が不安定→うつ状態になるから。

父がどんなに理不尽な事を言っても

涼し~い♪顔して受け流します。


もう嫌だ。

姉は実質、介護から撤退 しています。

でももう、私ひとりで親の面倒をみるのは耐えられない。


“家のことはお姉ちゃんに任せるから” と言っておきました。

IMG_1150rain.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
[ 2018/08/02 08:04 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)