FC2ブログ

La fin du jour...フォト*ある暮らし

写真で綴る主婦の日記
月別アーカイブ  [ 2018年07月 ] 

逃げるは恥だが役に立つかも

今回の豪雨で、私の避難を躊躇させたのは 「世間体」 でした。

自治会から何にも言ってこないし、誰も避難してる様子はないのに

真っ先に逃げたらカッコ悪くない?

何にも無かったら、“あの人避難したらしいよ” と笑われるかも?

小心者のレッテルを貼られない??


実際、オロオロする私に主人は笑いながら言いました。

“何を慌ててるん?ここは大丈夫や!”(←根拠のない自信)


私は決めました。

いざとなったら、私は主人を残してワンコと二人で逃げる!


どんだけ生きる意欲あるのよ。(笑)


避難準備情報、ましてや避難勧告が出た時には

すでに豪雨になっているはずだから 外に出るのを躊躇してしまう。

で、逃げ遅れてしまうんです。

今回も、そんな人が多かったのではないでしょうか。


そこで私は考えました。


地震と違って、豪雨災害はある程度予見できます。

雨が激しくなる前に、本当に危険な地域の住民は避難開始。

そこで市は、食事とソフトドリンクを提供。

子供たちを退屈させないように、ビンゴ大会・輪投げなどを企画。

優勝者には粗品を進呈。

つまり、Let's have a party!! \(^o^)/ 状態にするのです。

それにはお金がかかるけど、実際に住民を救助するよりは安い。


もし災害が起こらなくても、住民たちの親睦になる。

新しい人とも顔見知りになって、次回の災害に備えられる。


このアイデア、ダメですか?

こんなにうまくいきませんかね。(^o^)


「まだ大丈夫」 は危険。

自主的避難を促すためには、

みんな避難するから私も行こう、、と思わせる状況が必要だと思うんです。

IMG_0356cat.jpg



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
[ 2018/07/11 22:23 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)