La fin du jour...フォト*ある暮らし

写真で綴る主婦の日記

父のズボン、その後

父に買った ベストとズボン を持って行きました。

特にズボンは “サイズもぴったり、肌触りもいい” と言うので、

母はすかさず叫びました。

“もう一枚買っといて!”

でもね、お父さんの 「気に入った」 は最初だけでしょ?

そのうち、箪笥の肥やしになるでしょ?

だから買わないよ。


すると夜、父からメールが。

IMG_0619mail.jpg

なんとか気に入ってくれたようです。

翌朝また、大型スーパーへ色違いのズボンを買いに行きました。

はぁぁ…なんかもう、疲れた。。(-.-)


この日 母は満面の笑みで言いました。

“頼んでないのに お姉ちゃんが私のズボン買ってきてくれた!”

日頃何もしない長女が気をきかせてくれた事が、よほど嬉しかったのか

何度も、お姉ちゃんがお姉ちゃんが、と繰り返していました。


でも、姉が買ってきたものはズボンというより、スパッツ。

母には小さすぎて着れませんでした。

なんで、紙パンツはいた老婆にキツキツのスパッツなんか買うんだろう?

そういうところがズレてるんですよ。

姉が頼りないから、親はなんでも私に用事を言いつける。


それなのに親は・・・

電車を乗り継いで来るからと、時々姉に電車賃を渡しています。

子供の頃からずっと親に心配をかけてきた姉。

不憫に思うのは 親心でしょうか。

親のために車で走り回ってるんだから、私のガソリン代だってバカにならないよ?

生真面目な性格が災いして、損な役割だとつくづく思う、私は。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2018/04/21 21:50 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)