La fin du jour...フォト*ある暮らし

写真で綴る主婦の日記

優糖星

主人の母が入居していた有料老人ホームは、

利用者が食べるものを全て管理していたので、

家族でも基本的には 差し入れが出来ませんでした。

スタッフは 義母が飲んだお茶の量まで把握していた…。(*_*)

食中毒予防はもちろん、塩分や糖分も過剰にならないようにしていたのかな?

喉に詰めたりしたら、施設の責任になるとか??


その点、うちの両親のサ高住には厳しい制限がありません。

とは言えやっぱり、三度の食事には、生ものが出ません。

なので、お寿司やフルーツなど、両親が好きなものを手土産にして持って行きます。

特に二人とも 優糖星というミニトマトが好き。

だだし湯むきしておかないと食べないので、ちまちま皮をむいておきます。 (-.-)


でもどうなんでしょうね。

高齢になって食べたいものが食べられないのは ストレスだと思う。

好きなものを食べて “何か” あっても、私は本望なんだけどナ。

R0017064t.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2018/03/10 19:33 ] 両親のこと | TB(-) | CM(-)