La fin du jour...心を病む母の介護日記

サ高住で暮らす両親を介護・支援する日々

母、米寿を迎える

母は88才の誕生日を迎えました。

子供の頃に両親を亡くし、8人兄姉の末っ子で、誰よりも長生きしました。


先日 施設で少し早めのお誕生日会をしてくれたそうです。

思いがけないことで、母はとても喜んでいました。

↓ スタッフさんたちの寄せ書きです。

タイトルなし (1-1)

家にいた時は "諸事情により" 誕生日はスルーしていたのですが、(→☆☆☆

施設に移ってからは そんな訳にもいきません。

娘二人もいてお花すら持ってこないなんて! と言いかねない。

そして、それがショックでまたウツが悪化するかもしれない。

「家族に祝福されて幸せな母親」 を演出したいのです。

見栄っ張りな母ですからね。


本来なら姉夫婦と私たち夫婦で盛大にお祝いをすべきでしょうが、

大きなイベントになると母はいつもパニック発作を起こしますの。(笑)

(過去の記事→☆☆☆

なので今回も、私ひとりでひっそりとブーケを買って行きました。

IMG_3278.jpg

豪勢な懐石料理も無いけれど、大勢の孫たちもいないけど、

母は大はしゃぎで喜んでいました。

質素なお祝いでも、これはこれで良かった・・・と思うことにします。


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/08/21 12:04 ] 母のこと | TB(-) | CM(-)