La fin du jour...心を病む母の介護日記

離れて暮らす両親を介護・支援する日々

されどヨーグルト

週に一度、45分の買い物代行をお願いしていますが、

たまに"人手が無い"との理由で断られます。(汗)

予定が狂うとパニくる父。

即、私にメール。


"(かくかくしかじか・・・)ヨーグルト12個お願いします"

動揺が伝わる文面でした。


両親は毎朝ヨーグルトを食べないと気が済みません。

もはや、食べないと死んじゃう!レベル。。


家にいた時、「ストックがお正月まで持たない」と言われ

忙しい年末に、往復90分かけてヨーグルトだけ届けに行ったこともあります。

あの時は本当に腹が立った、情けなかった。


まったく融通の利かない親。

暇な娘と思っているのか、

なんでも親のいう事をハイハイと聞いてきたから、それが当然と思っているのか。


また、施設の近くにあるお店は品揃えが悪くて、

そもそも こだわりの強い親が気に入るものを扱っていません。

ヘルパーさんに遠くへ行ってもらうのも悪いし、

結局、ほとんどの買い物はこれまで通り私がしています。


父のお酒類、野菜ジュース、珈琲、ごま塩、森永の塩キャラメル。

習慣にしているものはたくさんあります。

塩キャラメルに至っては、夫婦で一日4粒食べると決めています。

なんで決めるんだろ?(笑)


「月に一度か二度来てくれるだけでいいよ」と、言う両親。

そんな訳にはいかないでしょ?

毎回、どれだけのモノを搬入してるか分かってるでしょ?


今日もヨーグルト12個を持って行きます。。

R0016981.jpg

※ 東京のお土産


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/20 08:05 ] 日記 | TB(-) | CM(-)