La fin du jour...心を病む母の介護日記

サ高住で暮らす両親を介護・支援する日々

医師からの提案

私が義母の見舞いに行くと、病室に主治医のN先生が入ってこられました。

「〇〇さん、これからのご希望はありますか?本心を聞かせてもらえますか?」

義母: 「家に帰りたい。でも、帰らしてもらわれへん」

あの家に嫁いで60年、帰りたいのは当然でしょう。

でも義母は、長女が拒否していることを分かっていると思うのです。


先生はさらに話しかけました。

「もしご家族や看護師さんがいないときに“何か” あったらどうしますか?」

義母: 「それはそれで仕方ないと思ってます、もう割り切ってます」


「人間はいつか死ぬ、僕も死ぬ、

一番幸せな場所で最期を迎えるという人生もあるのではないでしょうか?」

と、先生は私に問いかけました。

私: 「その通りだと思います、

ただ、私は他人なので…同居している長女が何と言うか…」


延命治療を拒否したにも関わらず、

酸素吸入とたん吸引をしてもらっているという事実。

これも一種の延命ですよね。

静かに自宅で療養してもいいと思う、私は。。


それと同時に、病院側も早く出て行って欲しいのでしょう。

ホスピスの面談まで まだ一週間もある。

その間、特に治療をするわけでもなく、介護ホーム状態ですから。


帰宅して義妹に話しましたが、やっぱり答えはノー。

こんな状態で帰れるわけないでしょ!との返事でした。。

IMG_3333-1.jpg


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/09/19 07:15 ] 夫の家族のこと | TB(-) | CM(-)

寂しいという感情

主人の母は、老人ホームに入った当初、

「寂しい、ここは静かすぎて寂しい!」 と半狂乱になっていました。(☆☆☆

そして、今の病室でも 「寂しい寂しい」 と繰り返しています。

なぜそんなに寂しがるのか、検証してみました。(笑)


義母は田舎の大家族の家に生まれ、

大家族の長男に嫁ぎ、姑&小姑との同居が始まりました。

3人の子供に恵まれ、一時 親戚の子を預かったりしてました。

のちに長女一家と同居。

つまり、ずーっと大家族だったのです。


一方 私は・・・

祖父母は両親が結婚する前に他界しているため、顔を知りません。

親戚も遠くて 付き合いは少なく、生まれてから結婚するまで4人家族。

しかも父と姉は超無口で、家族内で喧嘩は無し。

結婚と同時に東京に転勤になり、家族&友達と離れて過ごし

夫はその頃、過労死覚悟の多忙な勤務状態。

私は誕生日もクリスマスも一人で残りご飯を食べていました。

これが私の中では普通の生活なのです。

にぎやかな生活を送ったことがない。


だから、義母の言う寂しさがピンとこない。

寂しいってどんな感情なのか。

まだ死が差し迫ってないから、分からないだけなのか。

IMG_3284.jpg

アウトレットも一人で行きます。(^o^)


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/09/15 07:11 ] 夫の家族のこと | TB(-) | CM(-)

義母の入院7日目

食事の様子を一度見て欲しいと、看護スタッフに言われていたので

夕食の時間に合わせて行きましたら、

いつの間にか嚥下訓練食になっていた。(驚)


自分で起き上がることも、寝返りも打てない義母が

どうやって自分でご飯を食べられるんだろう?

看護スタッフは、食事をセッティングしたらすぐに部屋を出ていかれました。

「ご自分で召し上げれますので…」


いやいや、無理ですよ。

自分の体を支えるのがやっと、スプーンを持ち上げる力も弱々しい。

せき止める歯が無いから、口からお粥がダラダラとエプロンにこぼれます。

お布団まで流れ出ないように、

トイレットペーパーを重ねて吸い取るようにしてみました。


ああ、もう見てられない!

私は初めて義母にご飯を食べさせました。


母: 今日は○○ちゃん(夫)遅いのん?

私: うん、だからこの時間に来れたんだよ

義母: そう、二人やったら気楽でいいねぇ


ひと昔前なら、「あんたら二人で寂しいやろ?」 と嫌味のひとつもあったはず。

もう慣れたよ、今年結婚30年だから…と言うと、

「え~っ!もう?」 と目を丸くして驚いていました。


義母の理想は、子供を背たろうて畑を耕すような働き者の嫁。

私みたいに内気で心身ともに弱い人間なんて、想定外だったのよ。(汗)


この30年、色々ありました。

だけど、義母の食事介助をする日が来るなんて思ってもみなかったな。

IMG_3321.jpg


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/09/13 17:15 ] 夫の家族のこと | TB(-) | CM(-)

告知

義母の入院5日目。

現在の病状と今後の方針について主治医と面談しました。

お粥が食べられるようになったので、いつか点滴も取れるだろう、という事。

あと、ホスピスの話。

自宅か老人ホームに一旦帰って、ゆっくり探したらどうか?

と主治医は提案しましたが、義妹は断固拒否。

緩和ケア病院に直接転院する方向になりました。


「ホスピスは、患者がガンであることを知っている前提で入所するので

お母さんにやんわりと告知をする」 と言われました。

「〇〇さん、肺の水を取ったら良くないものが見つかったんよ、

これは長く付き合わないとアカンから、別の病院に移りましょうね」


義母は、理解しているのかいないのか、「ハイ、わかりました」 と

いいお返事をしていました。

去年亡くなった義父も、最期は療養型の病院でした。

老人ホームに帰るのではなく、転院となると、

元看護婦の義母だって ある程度は分かっているのではないか?

そう思うと切ない。


不思議に思ったのは、流動食しか食べられないのに

合わない入れ歯を作り変えるように言われたのです。

今さら 歯、いる?(笑)

断るわけにもいかず、義母は車いすで歯科外来へ運ばれて行きました。

IMG_4917-1.jpg


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/09/10 13:26 ] 夫の家族のこと | TB(-) | CM(-)

食べることは生きること

入院してから点滴だけなので、

義母はずっと「お腹が減った」 と言い続けています。

「紫陽花ちゃんが来てくれるの待っててん、お寿司買ってきてほしいから」

食べたいという事は、まだ生きる活力があるという証か?

本人は嚥下障害があることを 分かっていない様子、

次男のお嫁さんには、「お寿司の出前を取って」 とマジで頼んだらしい。(^^;


義母の入院、4日目。

部屋に入ったら、食事指導?の先生がゼリーを食べさせていました。

なんとかむせずにうまくいったようです。

が、食後40分ほどしたら急に咳き込んで

喉がゴロゴロ言い出しました。

義母は大丈夫と言いますが、苦しそうなのでナースコールを押して

痰の吸引をしてもらいました。

これは目が離せないな。


一方、緩和ケアの病院探しは早くも頓挫しています。

交通の便の良い所はどこも満床、十数人が待っている。

一か所、山奥ではありますが 空きのある病院が見つかり、

そちらが第一候補になりそうです。

IMG_3328.jpg


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/09/08 19:58 ] 夫の家族のこと | TB(-) | CM(-)