La fin du jour...心を病む母の介護日記

サ高住で暮らす両親を介護・支援する日々

父、ガラケーにする

父のらくらくスマホは以前から調子が悪く、

メールは届かないし、なぜか電話もかからない。

しかもカケホーダイプランになっていて、月々6000円以上も払ってた。

なので思い切って買い換えることにしました。

89の爺さんなんだから、らくらくガラケーでいいと思うのですよ。


父: 「ガラケーはイヤ、スマホがいい。よく漢字を調べるから」

私: 「ガラケーでも辞書機能はあるよ?」

父: 「・・・」

私: 「ほとんど使ってないでしょ?ガラケーだったら月々の支払いが安くなるし」

父: 「じゃぁ、そうしようか」

すんなり説得することに成功しました。(安堵)


代理で買うときは、委任状と保険証が必要です。

委任状を書いてもらうところから、大変。

失敗してもいいように何枚もコピーを取って、

赤文字で見本を書いて、「この通りに書いて」と。。


父はガラケーを使ったことがないので、文字入力の方法から教えました。

文字も音声も最大に設定。

A4の紙にケータイの拡大図を描いて、注意事項を書き込む。

ここはインターネットに繋がるから触らないように!と赤丸を付けて・・・

短縮番号1はお姉ちゃん、2は私・・・

耳が遠く、理解力の衰えた高齢者に教えるのって一苦労ですね。


たぶんこれが、父にとって最後の携帯になるんだろうなぁ。

いや、そうであって欲しい!

R0017214-1.jpg


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/11/17 21:17 ] 父のこと | TB(-) | CM(-)

こんな89才

父は89歳のわりには元気です。

おそらく何も知らない人は、年齢を聞くと驚かれると思います。

70代から全く変わってない感じです。


ブルーレイプレイヤーを使って番組の録画・再生は日々の日課。

難しい漢字が書けるし、暗算は私の電卓より早い。


とある金曜日の午後、10月生まれのお誕生日会がありました。

でも父は参加しませんでした。

その時間はお風呂に入ると決めていたからです。

父は予定が狂うことを、極端に嫌います。

何でも事前に立てた予定通りでないとダメ。(これも発〇障害っぽい)


お風呂上がりにビールを飲んでいたら、

スタッフさんが色紙とプレゼントを持ってきてくれました。

「お父さ~ん、おめでとうございます!」

父も母も、とても喜んでいました。

IMG_3444_layer_copy-1.jpg

驚いたのは、この笑顔です。

父は温厚な性格ですが、写真ではいつもしかめっ面でした。

“いつもありがとう” とスタッフさんにも感謝していました。

穏かな笑顔を見ると、ここでの生活に満足しているのかな?(と思いたい)


施設ではステーキもウニも大トロも食べられないけど、

皮肉なことに、食生活が“質素”なったら30年間高かったコレステロール値も正常に。。

そして「あと10年生きる!」と豪語していました。


お世話する娘としては複雑な思いです。


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/11/01 08:16 ] 父のこと | TB(0) | CM(-)

父の要望

両親の部屋に入るや否や、

母が興奮冷めやらぬ様子で話し始めました。

「昨日のデイサービスでイオンモールに連れて行ってくれた!」

「すっごく大きくて綺麗で、吹き抜けになってた!」

「ペットショップで可愛いワンちゃんたくさん見たよ!」


施設に入居してから初めての外出。

久しぶりのシャバはとても刺激的で、楽しかったようです。

父が母の車いすを押して、結構歩いたらしい。

それで自信がついたのか、父は勝手なことを言い出しました。

以下、要約。


“駅に周辺の無料のグルメマップを置いてないか?今度もらってきて欲しい。

ここの食事に飽きてきた、一人で外食したい、お母さんの分も買ってくる、

そのためには、もっと丈夫な四つ足の杖が欲しい”…等々。


私の恐れていたことが起こりました。

食べ物に異様にうるさい父が、いつ施設の食事を投げ出すか…

ずっと心配していたのです。(☆☆☆

それに、「週に一度の買い物代行を断る、これからは自分で買いに行く」と言う。


知らない土地で、よろよろの老人がどうやって食べ歩きなんかできるのよ?

重いお酒のボトルをどうやって持って帰るのよ?

雨の日も、冬の寒い日も、どうするつもり?


好き勝手なことをされたら、施設のスタッフも困ります。

私は父の勝手な要望を、無視しておきました…w

IMG_0943-1.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/10/18 21:39 ] 父のこと | TB(-) | CM(-)

困った父

発達障害っぽい父は、一つの食べ物にハマると毎日食べないと気が済みません。

ここ数ヶ月は焼き鳥です。

焼き鳥の中でも、“いかだ串(塩)” しかダメ。

行く途中にデパ地下へ寄って、何本か買っていきます。

それを一本ずつラップにくるんで冷凍保存→レンジで解凍します。

デパートに寄るのは遠まわりで面倒、

次は予約してまとめて30本くらい本買っていこう。


酒量も一向に減りません。(☆☆☆

行くたびに、ビール・ウイスキー・焼酎を持っていきます。

どうせ飲んでも顔色ひとつ変わらないんだから、

薄めて飲んでくれればいいのに、ほぼ原液なんです。

それでも父は、肝臓を壊したことなど一度もありません。

どうなってるの?


肌寒くなってきた昨今、父は相変わらずシャツとステテコのまま。

部屋の中では下着かパジャマしか着ません。

洋服の触覚過敏があるらしく、重ね着が出来ないんです。

そしてガンガンにエアコンを入れて、部屋は温室状態。


また父からメールがありました。

「肌触りの良い冬用の下着を買ってきて下さい」

父の要望に応えるたび、いっそのこと要介護5になった方がマシ?と思う娘です。

R0017181-1.jpg

父にはユニク〇の極暖上下、母にはヒートテックとカーディガンを買いました。


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/10/14 22:20 ] 父のこと | TB(-) | CM(-)

本日の要求(2)

「明日の朝 来るときに、腕巻き血圧計を一式買って来て下さい」と父のメール。

ちょっ、それって今日中に買えっていうこと?


父は血圧を下げるお薬を飲んでいます。

定期的に訪問診療の先生がバイタルチェックをしてくれますが、

お薬が効いているかどうか、毎朝自分でチェックしたいとのこと。

ここまでくると健康オタクと言うより、"死にたくない症候群"ですね。


いつもなら、父からのどんなメールにも「分かりました」と素直に返事する私が

珍しく口答えしました。

自分がどれだけわがままか、思い付いたらすぐにメールして、

いかに相手の都合を考えていないか、分からせるためです。

「近くに家電量販店がありません。急に買いに行けないので次回にします」


こうこう、こうだから、それは出来ないよ、と説明すれば

納得するのですが、すぐに忘れて勝手なことを言ってくる。


届けに行ったら、さっそく嬉しそうに測っていました。

IMG_3220.jpg

ご覧のように部屋の中ではいつも下着姿。

洋服の触感に異様に敏感なので、着慣れたものしかNGなのです。

これじゃいかにも下着感丸出し。

尿パッドが透けて見えてるし。

ユニク〇でエアリズムのシャツとステテコを買ってきました。

サラッとして気持ちいいんだけど、新しいものは受け入れてくれないからなぁ・・・

きっとダメだろうなぁ。

R0017075_edited-1.jpg


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/07/21 18:09 ] 父のこと | TB(-) | CM(-)