La fin du jour...心を病む母の介護日記

サ高住で暮らす両親を介護・支援する日々

介護認定

母の要介護認定調査がありました。

テストじゃないんだから張り切らないこと、普段通りにすることを事前に念押し。

それでも緊張した母は、「お名前は?」 という最初の質問に

「○○紫陽花!」 と私の旧姓を大声で叫んでいました。(汗)


ベッドから起き上がるところを見てもらいました。

本当は背もたれを上げないと無理なのに、

踏ん張って 顔を真っ赤にして、なんとか起きてしまったのです。

母は、わー起きれた!と大喜び。


「物忘れはありますか?」

「いいえ、ありません。少しくらい忘れたいですワ」

と、可愛げなく返していました。


前回の認定調査は最悪の状態だったから、

あの時の事を考えると、今は少しマシです。

レベルが下がるのかな。

ま、有難いことなんですけどね。


ここでも母は、「病気で苦しい、早く死にたい」 と訴えていました。

本当に死にたい人なら、あんなに張り切れないよ。。

R0016636.jpg

※ ワンコ専用 鶏レバーチップス



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2018/02/02 22:25 ] 母のこと | TB(-) | CM(-)

また不安に

昨日の午前中、母はとても調子が悪かった。

「昨日の晩から特に苦しい。お昼ご飯食べられないかも…」


前日、東京で大雪が降ったからかな?

混雑する駅、道路で横転する車・・・

一日中緊迫したニュースを見てたから、パニックになってしまったのかも。


そして追い打ちをかけるように、白根山噴火の速報が入りました。

以前、御岳山の噴火の時に、母が過呼吸発作を起こした経験から、

私は血の気が引く思いでした。

こっちの方がトラウマになってる!?(>_<)

父には、母の様子がおかしかったらテレビを消すように言っておきました。


東北の地震の時はもちらん、鬼怒川の氾濫・台風の被害・・・

ただニュースを聞いてるだけでも、ソワソワして不安定になる。

母には耐えられないショックなんですよね。

これじゃ、生きているのが辛いのも良くわかる。


この日はケアマネさんの訪問がありました。

世間話をして不安心がまぎれたのか、

食べられないはずの昼食を 「全部食べたよ!」 と、食堂から元気に戻ってきました。。

IMG_0216.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2018/01/24 18:20 ] 母のこと | TB(-) | CM(-)

死にたいと言われたら

皆さんは親御さんに “早く死にたい” と言われたら、どう答えますか?

何を縁起でもないこと言うの?

そんなこと言わないで長生きして。

・・・こんな感じでしょうか?


私は母が “もういつ死んでもいいと思ってる” というたび、

“そうだね、お母さんは幸せだったと思うわ”

“88まで生きたら十分だよね?死んだら楽だよ~”

と、返します。

えぇ、そうです、、、私は鬼です。


でもね、こんなえげつないことを言うのも、

死への恐怖心を少しでも取り除くためなのです。


生きていたら そのうちお金が尽きてしまうのではないか?

娘たちに迷惑を掛けたくない、でも会いたい。

この病気がつらい、早く死にたい。

苦しむのは嫌だから、薬を打って死なせて欲しい・・・


いつも不安に怯えている母。

死ぬこと、いや、生きていることすら怖いのです。

それなら、早く死んだ方が良くね?


早く楽にしてあげたいと思う。

でも義母がそうだったように、死にたいと言う人って本当は死にたくないんですよ。

母だってそうだ。

一分一秒でも娘と一緒にいたいのに、死にたいワケがない。

そうなんでしょ、お母さん?

IMG_0228.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2018/01/20 18:22 ] 母のこと | TB(-) | CM(-)

ひとくち羊羹

今でこそ母はガリガリに痩せていますが、元気なころはちょっぴり太目♪でした。

本来は甘いものが大好きなはずなのに、体重を気にするようになってからは

まったくお菓子を食べなくなりました。

炊き立てのご飯がいくら美味しくても、太るから…と食べない。

そのストイックさには感心しました。


今は体重コントロールからも解放されて、

毎日ちょっとずつの和菓子が癒しになっているようです。

R0017272a.jpg

最近ハマっているのが、井村屋の一口羊羹。

ハサミは不要、指で押すだけで ちゅる~♪っと柔らかい羊羹が出てきます。

近所の某スーパーしか取り扱っていないので、いつもまとめて買っておきます。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2018/01/19 07:19 ] 母のこと | TB(-) | CM(-)

もう死にたいと言われても

少し日にちが空くと、また母が首を長くして待っているに違いない、と

気が気ではありません。

案の定、私の顔を見るや否や 「7日ぶり、今年3回目だね」と言いました。(笑)

ずっとカウントしているんでしょうね。


そんな母ですが、最近ますます過呼吸がひどくなっているようです。

苦しい苦しいと訴えるんですけれど、どうしようもない。

そして自分の最期のことをしきりに話します。

* 病院には入院しない

* 苦しむのは嫌だから、お薬で逝かせて欲しい

* お葬式は不要

意思表明書に書いてある通りです。(→☆☆☆

いつものことだから、適当にハイハイと頷いていると、

ちゃんと聞いてるの!?と語気を強めます。

でもね、心の病気だけでは死ねないんですよ。


母の場合、認知症でなにもかも分からなくなった方がどれだけ楽か。

段々症状が悪化していく、刻々と近づいてくる最期を正気で迎えるのは、

不安神経症の母には酷すぎる。

でも、皮肉なことに内臓は至って丈夫なんですよね。。

もう死にたいもう死にたい、と言いながら あと何年生きるんだろう。

IMG_0098 (1)



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2018/01/09 17:05 ] 母のこと | TB(-) | CM(-)