La fin du jour...心を病む母の介護日記

サ高住で暮らす両親を介護・支援する日々

なぞなぞ

両親の部屋に入るや否や、母は興奮して言いました。

「紫陽花ちゃん、このなぞなぞわかる!?」

前回のデイサービスで教わったそうです。


1、「ハンガーを使わない都道府県は?」

2、「おじいさんとする球技は?」

(答えは↓下にあります)


恥ずかしながら、答えがまったく思い浮かびません。

なのに母は、2問とも手を上げて答えたそうです。

すごいですね~、と褒めてもらって嬉しかったのでしょう。


母はいつも神経が張り詰めていて、緊張した状態。

心臓がドキドキして苦しい。

ぬり絵とデイサービスの時だけ、苦しさを忘れることができるそうです。

R0017255-1a.jpg

これは、デイサービスで使っている教科書。

父の方は、空欄が目立ちます。

母: 「どうして答え書かないの?」

父: 「馬鹿にしたような簡単な問題には答えない」

母: 「お父さん、こういうところへ来たらプライド捨てないとアカンよ」


私も同感です。。


*   *   *   *   *


なぞなぞの答え:

1、福岡県(服を掛けん)

2、ソフトボール(祖父とボール)


ふくおかけん??

頭の固い私は、母に答えを聞いても分かりませんでした。

帰りの車の中で、ようやくハンガーと福岡県がつながったのでした。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/11/19 19:57 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

何事も慣れ

両親のもとに、2種類の書類が届いていました。

「介護保険高額介護(介護予防)サービス費支給申請書」

「介護保険 要介護認定・要支援認定申請書(新規・更新・変更・転入)」

なんじゃこれ?

今まで姉が担当していたのかな?

私は初めて見る書類でした。


私は確かに頭が悪い。

でも、最低限の教育は受けてきました。

なのに、説明を読んでも内容が頭に入ってこない。(焦)

こんな書類、高齢者がスラスラと対処できるものでしょうか?


とりあえずケアマネさんに電話して指示を仰ぎました。

そして、市役所へ書類を届けに行ってきました。

これで一件落着。

IMG_3479-1.jpg

施設に払う費用、二人の医療費・ガス代・父の携帯代・・・・

毎月何種類もの請求書が、姉の家に送られてきます。

何にいくら費用がかかっているのか、両親はずっと知りたがっていました。

なのに、大雑把な姉は事態の収拾がつかなくなって、お手上げ状態。

そこでこの度、請求書の送付先も変更して、私が管理することになったのです。


エクセルの表は主人に作ってもらって、

あちこちから送られてくる請求書類を取り込んだら、あら不思議。

一目瞭然ではありませんか!

これを印刷して両親に見せたら、分かりやすい!と大好評でした。


突然親の介護が始まると、分からない事だらけ。

何事もやっているうちに慣れていくのでしょうが、

エキスパートになるまで続けたくないものです。。



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/11/16 07:43 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

酒は酒屋

父親の酒量のことは何度も書いてきました。(☆☆☆

家にいた頃は、ネットスーパーで買っていましたが、

施設に移ってからは、私が運んでいます。

スーパーに行くたびに、父のお酒も一緒に買い、

量販店で安売りしているときは、週末に主人と一緒にケースで買ったり。。

それ以外に、父のために焼き鳥を買っていかなくてはいけません。(☆☆☆


義母の事もあり、週に一度しか両親のところへ行けない時も

ずっと買い物のことが気になって気になって・・・。

こんな生活を半年続けましたが、もう限界。

不安症の母が気にするから何も言わなかったけれど、

我慢しながらでは、続かないと思うんです。


思い切って、買い出しが負担になっていることを話しました。

母は、普段文句を言わない私が苦情を言ったので、ショックを受けた様子でした。

「紫陽花ばかり頼りにしすぎていた」と、落ち込んでいました。(←想定内)


そして、予想通り・・・

「みんなに迷惑かけるから早く死にたい」と言い出した。


過去に、娘の一言で傷つき ウツ状態になった経験は度々ありました。

嗚呼、いちいちめんどくさい。


話し合って、近所の酒屋さんに配達してもらう事にしました。

お酒のことは酒屋さんに任せよう。

でも高齢者施設に配達なんて、前代未聞じゃないかしら。

R0017222a-1.jpg

ベランダで渋柿干してます♪


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/11/06 10:41 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

久しぶりの実家

義母の葬儀の翌日、私は数か月ぶりに自分の実家へ行きました。

両親の冬のコートを取りに行くためです。

両親は実家に近い姉に頼んでいましたが、

姉は “どこにあるか分からない” の一点張り。

ベルサイユ宮殿じゃあるまいし、狭い家なんだから大体わかるでしょ?

埒が明かないから、私が取りに行ったわけです。

ちゃんと洋服ダンスにありましたよ。(溜息)


また、4月に解約したはずの固定電話の領収書が いまだに届いていました。

すぐに電話会社に連絡したら、本人の了解を得ていない、という理由で

そのままになっていたようです。

それにしても、なぜ姉は半年も放置していたのか?

姉に電話したら、“あ、それ気になってたの” だってさ。

施設のことは私が担当するから、家のことは姉に任せているのに。

呑気と言うか、テキトーと言うか・・・。

必然的に両親は私を頼りにするようになり、私のストレスは増える一方。


姉のようにフワフワ生きていれば、どんなに楽だろう。

生真面目な人間ばかりが損をするんですょ。。

IMG_3439-1.jpg

空き家になって半年の実家はもう、廃屋のようになっていました。

父が愛用していた机も、物悲しく見えました。


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/10/30 18:09 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

趣味

以前、義母は私に言ったことがあります。

「紫陽花ちゃんは料理とか写真とか、趣味があっていいねぇ」


義母はまったく無趣味の人でした。

あえて言うなら、仕事が趣味で70代前半まで病院で勤務。

家事よりも外に出ることが好きでした。


義父が体調を崩してからは仕事を辞めて家にいるようになり、

義母のストレスはマックス。

「趣味があっていいねえ」 と言われたのは、その頃です。


退職して何にもすることがなく、子供と孫だけが興味の対象でした。

働いて貯めたお金は、一銭も自分のために使うことなく、

長女・次男を金銭的に援助し、孫にお小遣いをやるのが楽しみ。

そうすることで、自分の存在価値を見出しているような・・・


人それぞれだけど、私はそんな生き方嫌だ!

いくら高齢になっても、“愉しいこと”を持っていたい。

実母のぬり絵も、最初より確実に上達しています。

90近くなっても人間は進化するんです。


趣味があるか無いかで、老後の生活が格段に違ってくると思うな。

R0017111.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/10/11 13:30 ] 日記 | TB(-) | CM(-)