La fin du jour...心を病む母の介護日記

離れて暮らす両親を介護・支援する日々

旅立ち

その存在が華やかであればあるほど、

失った時の悲しみは大きい。


小林麻央さんが亡くなりました。

伝統文化の継承を担う、大切な人だったのに。

二人のお子さんを残して逝かれるのは、どれほど心残りだっただろう。

どれほど生きたいと願ったことだろう。


過酷な闘病は終わりました。

麻央さん、どうぞ安らかにお眠りください。

IMG_3326.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/23 17:44 ] 思うこと | TB(-) | CM(-)

住民票を移す(2)

両親の住民票を異動すべく市役所巡りをしてきました。
 
A市: 「住基カードを発行されているようですけど」

私: 「さあ、もう無いと思います」

A市: 「マイナンバー通知は?」

私: 「さあ、もう無いと思います」

おまけに母の介護保険証も紛失。

ナイナイ尽くし!


「新しく介護保険証が発行されるまでの仮の保険証を作りますので

B市に提出してください」

その通りに持って行ったら、

「今、A市に確認しました。これは不要ですので、こちらで破棄します」

え~?

「後期高齢は県ですが、介護保険は市なので、このままで…」

え、え~?

バックグラウンドで何が起こっているのかさっぱり分からない。(><)

とりあえず「もう帰っていいですか?」と聞いたら、

「ハイ結構です」と言われたので、とっとと帰ってきました。(^o^)


帰るや否や A市から再度 確認の電話があったりと、

アチラも相当 混乱している様子でした。


重要な書類を自分で管理してる高齢者って、どれくらいいるんだろ?

市民課・年金・介護保険などの部署をあちこち回り

合計で何時間も待たされて、

質問されても、説明を聞いても分からない。(私だけか?)

もっとシンプルにならないものかなぁ。


ほぼ一日仕事になりました。

R0017013.jpg

※ ひとくちじゃがいも(キタアカリ)の素揚げ


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/22 20:30 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

訪問診療

訪問診療の看護師さんがバイタルチェックをしてくれました。

母は「相変わらず苦しくて仕方がない」と訴えていました。

看護師さんは、一日一回頓服を飲んだら気持ちが楽になりますよ~、と言いますが、

楽にならないんですよ、それが。(笑)


母: 「毎回コールボタンを押すのは悪いから、頓服を一度にたくさん欲しい」

看護師さん: 「それはだめなんです~」


実は、私も母と同じ過呼吸・パニック発作の経験がありますから

母の苦しさがよく分かります。

そして、お薬が効かないことも知っています。

特に母の場合は、生まれ持った性格が一番の原因だと思うのです。

可哀想だけど、死ぬまで病気と付き合っていくしかない。


ところがですね、

デイサービスに行ってる時だけは、苦しくないようなのです。

みんなでしゃべって、歩行訓練していたら病気を忘れる、と。


そして、私に言いました。

「デイに行く時のシャツが欲しいから、一枚買っといてくれる?」

ちょっと高級なものがいいそうです。(笑)


オシャレをしたいという気持ちがあるうちは、まだ大丈夫かな。

R0016897.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/21 18:22 ] 母のこと | TB(-) | CM(-)

されどヨーグルト

週に一度、45分の買い物代行をお願いしていますが、

たまに"人手が無い"との理由で断られます。(汗)

予定が狂うとパニくる父。

即、私にメール。


"(かくかくしかじか・・・)ヨーグルト12個お願いします"

動揺が伝わる文面でした。


両親は毎朝ヨーグルトを食べないと気が済みません。

もはや、食べないと死んじゃう!レベル。。


家にいた時、「ストックがお正月まで持たない」と言われ

忙しい年末に、往復90分かけてヨーグルトだけ届けに行ったこともあります。

あの時は本当に腹が立った、情けなかった。


まったく融通の利かない親。

暇な娘と思っているのか、

なんでも親のいう事をハイハイと聞いてきたから、それが当然と思っているのか。


また、施設の近くにあるお店は品揃えが悪くて、

そもそも こだわりの強い親が気に入るものを扱っていません。

ヘルパーさんに遠くへ行ってもらうのも悪いし、

結局、ほとんどの買い物はこれまで通り私がしています。


父のお酒類、野菜ジュース、珈琲、ごま塩、森永の塩キャラメル。

習慣にしているものはたくさんあります。

塩キャラメルに至っては、夫婦で一日4粒食べると決めています。

なんで決めるんだろ?(笑)


「月に一度か二度来てくれるだけでいいよ」と、言う両親。

そんな訳にはいかないでしょ?

毎回、どれだけのモノを搬入してるか分かってるでしょ?


今日もヨーグルト12個を持って行きます。。

R0016981.jpg

※ 東京のお土産


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/20 08:05 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

父という人

私は父が35歳の時の子供です。

そう言えば、物心ついた頃から父はちょっと"不思議ちゃん"でした。


父には驚くべき逸話があります。

姉がまだ赤ちゃんだった頃、父は姉を枕にして昼寝をしていたのです。

そして、それを発見した叔母(母の姉)が悲鳴をあげた、という話。(笑)


私は父と手をつないで歩いたことも、抱っこされた記憶もありません。

愛情が無いわけではないけれど、無関心という感じでした。


かと言って、父を憎んでいたわけではありません。

父はいつも優しくて寡黙で穏やか、決して人の悪口は言いません。

ポリシーは、「人を責めるな、恨むな、羨むな、妬むな」

父のような心を持ちたい思っていました。

そんな父に、これほど振り回されるとは・・・


父の日、大好きな鰻を持って行きました。

こまかくカットして小分けにし、冷凍に。

夕食後、晩酌の時に食べるそうです。^^

R0016905.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/18 16:33 ] 父のこと | TB(-) | CM(-)

住民票を移す

介護保険の事はややこしくて、しかも頻繁に改正とかあって、

ド素人の、しかも頭の悪い私にはさっぱり分かりません。


両親は、A市に住民票を残したままB市のサ高住に引っ越しました。

というのも、もし気に入らずに また引越しという事も有り得たからです。


先日ケアマネのSさんから電話があり、来年から制度が変わるので、

B市に住民票を移した方がサービスが有利になります、的な事を言われました。

なんだかよく分からないけれど、とりあえず転出入届を出すことにしました。


市役所へ行く前に、まず両親から委任状をもらわないといけません。

市のホームページで用紙をダウンロードして、見本を書いておく。

耳の遠い親に、事情を分かりやすく大声で説明する。

いちいち面倒です。


おまけに母の介護保険証が行方不明なんですよ。

ケアマネさんに聞いたら、コピーを取ってお返ししたと言うのですが。。

どちらにしても、市役所の窓口でややこしい事になりそう。(><)


私のような子供のいない人は、誰が代わりにしてくれるんだろう?

元気なうちに出来る限りの手続きは終えておくべきですね~

IMG_0446鯵のなめろう

※ 鯵のなめろう


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/16 17:13 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

楽しいデイサービス

父は、手元足元はおぼつかないものの、頭だけは冴えています。

デイサービスで出される問題が簡単すぎるので、

スタッフさんが父にだけ特別メニューを組んでくれたとか。

IMG_3065.jpg

数学は得意中の得意、私が高校生の時 教えてもらっていたくらい。

IMG_3064.jpg

すぐに正解すると、「すごいですね~」とか褒められるんでしょうね。

気を良くしたのか、週一回のデイを二回に増やしたいと言い出しました。


さっそくケアマネさんにその旨を話したら、母の分が実費になるらしい。

聞いたら結構な額で驚いた。(@_@)

いつもお金の事を気にしている母だから、きっとNo!と言うはず。

でも治療費だと思って、勝手に申し込みました。

父に連絡したら、実費負担の事は黙っておく、と。


父の話によると、最近の母はデイサービスで積極的に話すなど、

胸の苦しみも忘れて楽しんでいるらしい。


最初は拒絶していたデイサービス。

長続きしないかなぁ、と心配していたけれど、

案ずるより産むが易しですね。


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/15 16:18 ] 日記 | TB(-) | CM(-)

ファッショニスタ、母

オシャレな母は、毎回必ず私のファッションチェックをします。

そして、「全部ユニク〇?」と聞きます。

し、しつれいな!(`o´)

全部じゃないです。(笑)


私はあまり着るものにだわりが無いので、いつもテキトーですが、

施設に行く時だけは、慎重に組合せを考えます。

滅多にしないペンダントとかも付けて…

母に評価されると思うと、気が引き締まるのですよ。


オシャレが出来ない母としては、私の洋服を見るだけでも楽しい様子。

母: 「そのTシャツ高かった?」

私: 「いくらに見える?」

母: 「4980円?」

私: 「ううん、800円」

母: 「えー!?」

ま、こんな感じですワ。


「私はもう洋服要らない、たくさんあるから」

母はそう言うのですが、これを真に受けてはいません。

母は本心とは逆の事を言いますから。

複雑な心の裏の裏の裏を読みとらなくては。(←ややこしい)

バーゲン時期になったら、また数枚買っておこう。

R0016999.jpg

※ 今ちょっとハマっているキャロット・ラペ。


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/13 16:42 ] 母のこと | TB(-) | CM(-)

ぬり絵

週末、主人が車を使うので電車で行きました。

電車で行くと、車の倍の時間がかかるんです。(><)

家も施設も駅から離れているから、この炎天下に歩くのは堪えますしね~


母が前回のデイサービスで習ったぬり絵がありました。

上が見本で下が母の作品です。

重ね塗りとかして、結構うまく描けているのでは?と思うのですが、

母は"色鉛筆ではリンゴの赤が出せない!"と、

悔しくて仕方がない様子でした。

IMG_3123.jpg

連絡帳にも、"たくさん発言をされます"と書いてありました。

デイの時だけ、元気になるのかなぁ。

元々、機関銃のようによくしゃべる人ですからね~


この日は調子が良かったようで、テレビを見ながらたくさん話しました。

時事問題から芸能界のことまで、それはもうよく知ってるんですワ。


帰る時はエレベーターホールまで送ってくれます。

エレベーター内にはカメラが付いているので、

母は私が一階で降りるまで、モニターを見ているそう。

カメラに向かって手を振っておきました。

また、涙を浮かべて見てるんだろうな。


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/12 10:46 ] 母のこと | TB(-) | CM(-)

言い訳

いつだったか、サ高住に関するYahoo!記事を読みました。

"軽度"の高齢者が入居するはずのサ高住に

要介護3以上の人が居住し、事故が多発しているという内容。


サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、定義上 普通の賃貸住宅です。

そこに食事が付いて、介護事業所とは各自が契約します。

費用は比較的安いし、空きもある。

問題はあるだろうけど、本人や家族にとって有り難い存在ではあります。


ただ、その記事のコメント欄を読んでいたら、ある人が書いていました。

「現代の姥捨て山は建物で、人もいるんだな」


そのコメントを書かれた人の性別や年齢は分かりませんが、

おそらく介護を経験されたことが無いのではないか?と察します。


私はまだ良心の呵責に悩んでいます。

娘が二人もいて、なぜ施設に入ってもらわないといけないのか?


いくら"娘に迷惑をかけたくない"という親の意志でも、

私が、「(実家で)一緒に暮らしたい!最期までお世話がしたい!」と泣きついたら

状況は変わっていたでしょう。

でも、私は言えませんでした。


娘に迷惑をかけたくないように、私も多忙極める夫に不便な思いをさせたくない。

夫の食事はちゃんと作りたいし、夜は駅まで車で迎えに行っています。

それを放棄して、私が実家に移り住むことは出来ない。

また、この狭い家に両親二人を引き取るのも非現実的。


早い話が、どんなに言い訳しても、扱いにくい父と

精神的に不安定な母とは密に関わりたくなかった。

離れていても、こんなにストレスになるんだから、一緒には暮らせない。


やっぱり施設は姥捨て山なのか。。

IMG_3395b1.jpg



にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村
[ 2017/06/10 22:01 ] 日記 | TB(-) | CM(-)